高音を出すためのボイトレ方法を元バンドマンが紹介します

地声で高音を出したいと思っていると、どうしても地声の練習ばかりしてしまいがちです。

しかし、高い音をだすためには、地声と裏声を同じくらい鍛えなければなりません

したがって、どちらも並行して練習していく必要があります。

この記事では、高音を出すためのボイトレ方法をご紹介します。

YU
地声と裏声の両方を鍛えて、綺麗なミックスボイスを手に入れましょう!

高音を出すためのボイトレ方法

高音を出すためには発声の練習はもちろん、喉や声帯を無理させないようストレッチなど準備体操をして入念にボイストレーニングを心掛けましょう。

ストレッチをする

歌を歌うというのは全身を使っているようなものです。

運動前に準備体操を行うのと同様、歌う前も身体のストレッチを心がけましょう。

喉の体操というのはもちろん、身体の筋肉をほぐす意図もあります。

喉の準備運動をする

他の記事でも紹介していますが、リラックスはとても大切です。

しかし声を出してしまうと疲れてきてしまうので、できるだけ喉を疲れさせないような方法を取ります。

今回は、喉周りの強化をメインとしたリラックス方法を紹介します。

息をつく

リラックスした状態を作るために、大きく深呼吸してため息をつきましょう。

歌に直接必要なわけではありませんが、声を出すメカニズムの基本となるので声帯をできるだけ使わずに準備運動ができます。

リップトリル

まず唇を閉じます。

その状態を保ちながら息を吹くと、唇がぶるぶると震えると思います。

これは一定の息を吐くための準備運動の1つで、喉を疲労させずにできます。

息だけを吐く場合と声を出しながら行う場合どちらも有効なので、どちらも行うようにしましょう。

タングトリル

舌を軟膏蓋に当て、息を当てて舌全体をぶるぶると震わせます。

巻き舌をイメージするとやりやすいと思います。

タングトリルを行うことで、声を出さずに息の調整や舌のリラックスが可能です。

舌は滑舌や丁寧な言葉で歌おうとするとき重要なので、意識してみましょう。

エッジボイス

声帯を閉じながら息を吐くと、喉の奥からブツブツと音が鳴ると思います。

具体的には、ホラー映画「呪怨」に頻繁に登場する「ア”ア”ア”」という声です。

喉に負担をかけずに声帯をリラックスさせる効果があります。

また、閉鎖筋を鍛えることができるので、高音を鍛えるトレーニングやミックスボイスの練習としても活用できますので、非常に重要な発声だと理解しておいてください。

地声を鍛える

地声で高音を出すためには、当然地声を鍛える必要があります。

地声の強化は声帯を閉じる感覚を覚え、閉じる力を鍛えます。

声帯閉鎖の感覚

声帯を閉じる感覚は、吐いた息を止めることでつかむことができます。

「はー」と吐いた状態から喉を使って息を止めてください。

何かが閉まった感覚があれば、それが声帯閉鎖です。

これを繰り返して、まずは感覚を身につけてください。

声帯閉鎖を鍛える

声帯閉鎖の強化は先ほど述べたエッジボイスを使います。

先ほどの説明を踏まえて、エッジボイスを鳴らしてみましょう。

うまくエッジボイスができない場合は、思いっきり低い声を出してみてください。

徐々に音を下げていけば、声よりもブツブツとした音が鳴ってきます。

これを繰り返して、徐々に閉鎖する力を強めていきます。

裏声を鍛える

高音を出すために、地声だけでなく裏声も鍛えましょう。

裏声の強化はミックスボイスの活用、使用音域の拡張、安定した声の基礎作りなどに期待できます。

必要な声帯の筋肉を鍛えるためには裏声を使います。

息漏れがある裏声

まず、フクロウのように「ホー」と声を出して、裏声の感覚をつかみます。

息漏れが多い裏声を練習することで、裏声に必要な筋肉を鍛えることができます。

息漏れがない裏声

次に、息漏れの量を減らしていきます。

息漏れが少ない裏声を作ることで、芯のある裏声に変化します。

息漏れの少ない裏声を短く切って、「ホッホッ」と発声します。

息を切るときに漏れてしまいやすいので、その克服のために行います。

地声と同様、声帯を閉める感覚を覚えましょう。

ロングトーンで発声

芯のある裏声を出せるようになったら、ロングトーンで長く裏声を発声しましょう。

正しい息の使い方を学んでいくことで、安定した声と息の調整が可能になります。

慣れてきたら、芯のある裏声で低い裏声の練習をしてさらに鍛えます。

裏声の音域を広げていき、どんどん地声の音域に近づけていきましょう。

鼻腔共鳴を習得する

鼻腔共鳴を使うと、倍音豊かな発声が可能になり、声帯を酷使せずに分厚い声を出せるようになります。

いわゆる「抜けた声」を習得できるので、安定した声や高い声をはっきりと出せるので、歌がうまい人と思われやすいです。

練習方法は、ハミングで共鳴の感覚を把握しましょう。

口を閉じて、鼻のあたりを意識して「ん-」と声を出してください。

鼻のあたりがむずがゆくなるようになればある程度できていると思います。

この感触を維持しながら、口を開けて声を出してもできるようになりましょう。

繰り返し練習すると、太い響いた声が出せるようになります。

慣れてきたら、口腔や胸の響きも合わせていくとより響きのある声が出せるようになります。

ミックスボイスを習得する

ミックスボイスはプロのアーティストも使用している歌唱法です。

地声・裏声の強化や閉鎖筋などがある程度鍛えられると、ミックスボイスを出す準備が整います。

発声方法自体はかなりコツがつかみにくく難しいので、他の記事で詳しく紹介します。

ミックスボイスを出せるようになると、裏声でしか歌えない音域が地声のような太い声で歌いきれるようになります。

特に練習せずにもとからできてしまういわゆる「天然ミックスボイス」を持つ方もいますが、大抵の方は初めはできません。

したがって、発声のイメージから作り上げていきます。

曲のキーを下げて歌う

歌いたいけど高くて歌えない曲は、無理して原曲キーのまま歌う必要はありません。

まずは、1つか2つかキーを下げて歌うようにしましょう。

最初は高音が苦しくても、慣れてきたら意外と出せるようになります。

その曲に対する歌い方がうまくなったり、単純に上達したりと理由はいくつかありますが、成長の証そのものです。

余裕をもって歌えるようになったなと実感できたら、また1つずつキーを戻していきましょう。

高音のボイトレでの注意点

高音を出す練習はすぐに成果が得られるわけではありません。

日々のトレーニングと地道な練習が実を結ぶので、時間を要してしまいます。

そこで、練習の際の注意点を紹介します。

休憩を適宜とる

高音の練習をすれば、自分の限界を攻めるわけですから、必ず喉に疲れが出てきます。

疲れた状態で声を出そうとすると、大きな声を出すなど無意識に無理やり発声してしまいます。

もちろん無理な発声は声帯・喉を傷める原因になり、変な癖がついてしまうこともあります。

練習時間をあらかじめ決める、細かく休憩を取るなどして無理のない練習を行ってください。

焦らない

YU
5分でできる!とか1日で習得!なんて手っ取り早い方法は絶対に存在しません

練習しても成果が出ないからといって決して焦らないことが大切です。

じれったい気持ちを抑えながら練習を積み重ねるほかありませんが、歌がうまくなった時の自分を想像しながらモチベーションを高めていきましょう。

まとめ

地声で高い声を出すためには、地声だけでなく裏声の練習も行いましょう。

正しい歌い方や息の使い方を習得することが、高音を出すための練習につながります。

また、応用としてミックスボイスという技術があり、これらの練習を活かして習得すると楽に高音を発声できるようになります。