ミックスボイスとは?出し方を元バンドマンが紹介!

ミックスボイス(みっくすぼいす)とは、地声と裏声の中間のような声のことです。ミックスボイスを習得することで、高音の曲でも力強く歌えるようになります。

原曲のキーが高いアーティストは多いので、カラオケによく行く方であればミックスボイスをみにつけておきたいところです。

この記事では、ミックスボイスの基礎知識と、具体的な発声方法をご紹介します。

ミックスボイスの基礎知識

高い声を楽に出すために、ミックスボイスの習得が望ましいとよくいわれます。

地声を張り上げると、どうしても喉や声帯を痛めてしまいます。

ミックスボイスを使って発声すると、喉・声帯のダメージを減らす、苦しそうな高音にならないなどいくつもメリットがあります。

実際にプロの歌手も使用している技術で、シャウトのようにリスクが高いものではないので、恐れずに習得しましょう。

ミックスボイスとは

ミックスボイスとは、地声(チェストボイス)と裏声(ファルセット)が混ざりあったような声のことをいいます。

人によって定義はさまざまですが、多くはミドルボイスとヘッドボイスの2種類に分けて説明されます。

ミドルボイス

ミドルボイスは、チェストボイスとファルセットを混ぜた中でも、チェストボイスよりに発声します。

意識せず聞いていれば、地声とほぼ変わらない声で歌っている印象も与えられます。

「offical髭男dism」や「クリープハイプ」みたいな男性なのに女性キーのような高い声で歌うプロがたくさんいますが、その方たちもミドルボイスを活用しています。

ミドルボイスを地声と表現するか裏声と表現するかも人によりますが、地声に遜色ない分厚く力強い声を出すことができます。

意識としては、鼻あたりに声を集めているようなイメージです。

ヘッドボイス

ヘッドボイスは、チェストボイスとファルセットを混ぜた中でも、ファルセットよりに発声します。

地声のように力強い声を保ちながら、ミドルボイスよりもさらに高い音域を出すことができます。

そのため、「B’z」や「XJapan」のようなハイトーンボイスが特徴の歌手がよく使用しています。

意識としては、頭の上に向けて声を出すようなイメージです。

 

ミックスボイスの定義

実はミックスボイスは、プロのトレーナーでも見解が分かれています。

定義がはっきりしていないことと、発声のイメージが人によって違うことがあるので、そのようなことが起きてしまうようです。

そのため、ミックスボイスを出したい!という方はインターネットで検索しすぎないようにしましょう。

色々な人の意見を聞きすぎると、かえって何が正しいのか分からなくなってしまいます。

1つ試して、しばらくしてもうまくいかないようであれば他の方の意見を参考するようにしましょう。

多くのプロ歌手も活用している

最近流行りの曲をカラオケで歌いたのに、高くて声が出ない!という方は多いでしょう。

それは、多くのプロ歌手がミックスボイスを体得して使用しているからです。

地声だけの発声ではどうしても高音域の限界があります。

しかし、ミックスボイスだと音域の幅を大きく広げられるので、曲のレパートリーや表現を増やすことができます。

歌の上達には間違いなく必要なスキルですので、ぜひ練習してみましょう。

すぐに習得はできない

ミックスボイスを習得する難易度はかなり高いです。

高いキーの歌を歌いたいと思って練習を始めた方も、なかなかうまくいかず挫折することがたくさん。

ミックスボイスは声を出すコツが難しければ、発声のための筋肉の発達も必要です。

要するに、根気よく鍛えていかなければなりません。

なかには「天然ミックスボイス」といわれ、生まれつきや特に練習しなくてもミックスボイスを出せる方がいますが、稀なことなのであまり気にすることはありません。

ほとんどの方は地道に練習しないとできないことなので、焦らずゆっくりと練習を積みましょう。

ミックスボイスを出すメリット・デメリット

では、ミックスボイスで発声するメリットとデメリットをいくつか紹介します。

ミックスボイスのメリット4つ

  1. 高音域でも力強い声が出せる
  2. 声域が広がる
  3. 声帯や喉を痛めにくい
  4. 歌える曲のレパートリーが増える

ミックスボイスを出すメリットはなんといっても高い声が楽に出せることです。

声域が広がり、高音域でも力強い声を出せるので、高いキーの曲でも難なく歌いきることができます。

また、声帯のコントロールが身に付くので正しい歌い方をマスターでき、喉や声帯を痛めにくくなります。

ミックスボイスのデメリット3つ

  1. やや単調な声になりやすい
  2. 軽めの声になってしまう
  3. 歌詞や発音が甘くなりがち

ミックスボイスにもデメリットはあります。

ミックスボイスだけの歌唱では、表現力に限界があります。

あくまでも高音を出すための技術の1つにすぎないので、乱発は避けましょう。

YU
一曲丸ごとファルセットで歌っても物足りませんよね!

ミックスボイスにも発音が甘い、軽い声になるなど特徴がいくつかありますので、チェストボイスやファルセットなど使い分けながら歌うようにしましょう。

ミックスボイスの出し方

それでは、ミックスボイスの出し方について、簡単に説明していきます。

具体的な練習方法は以下の記事でご紹介しています。

関連記事

ミックスボイスを出すには、地声が裏声に切り替わる喚声点を理解し、ミックスボイスを出す感覚を体で覚えていくのが近道です。 この記事では、ミックスボイスの練習方法を3つのステップにわけてご紹介します。 ミックスボイスを練習する前に知って[…]

基礎練習を怠らない

ミックスボイスの基本は、チェストボイスとファルセットです。

習得するためには、まずそういった基礎練習をしっかりと積みましょう。

スポーツ選手が筋トレを行うのと同じで、喉もミックスボイスを出すための筋トレが必要です。

そのため、まずはチェストボイスとファルセットの練習をしましょう。

感覚を覚える

この感覚が非常に難しいです。

基本原理はみな同じかもしれませんが、とにかくこの感覚については意見がさまざまです。

そこで、1つご紹介しますので、参考になればと思います。

まず、ファルセットを出します。

一般的に、ファルセットは後ろ側に声を出すイメージです。

そこで、後ろに出しているファルセットを背中、頭、鼻の順に声を持ち上げていきます。

その際頭に響かせたときがヘッドボイス。

鼻や前方に向けて響かせたときがミドルボイスになります。

このイメージをもちながら、練習に取り組んでいってください。

自分の喚声点を理解する

チェストボイスとファルセットを混ぜ合うという表現をしてきましたが、混ぜ合うためにはその地声と裏声の喚声点をよく知る必要があります。

ピアノの鍵盤で一音ずつ発声して、無理のない地声がどこまで出せるか計るとよいでしょう。

喚声点が分かれば、それ以上の音は地声で絶対に張り上げないという意識を持ちながら裏声に切り替えてください。

また、喚声点の位置がそのままミックスボイスを出す音域にもなります。

喚声点付近の発声や切り替えを練習することで、ミックスボイスの習得につながります。

質よりも量

ミックスボイスを習得するためにはなんといっても練習量が大事です。

質ももちろんかなり重要なので見出し的には語弊を生みそうですが、基礎練習・喉の筋トレなど考えると継続した練習が必要です。

とはいえやりすぎは禁物。

2~3日に1回、1日1時間以内など適度な時間を確保して行いましょう。

自由に歌える環境がない方はカラオケに行くのもよいですね。

注意点として、水分を適宜取り、喉を乾燥させないように気を付けてください。

まとめ

ミックスボイスはチェストボイスとファルセットが混ざりあった声で、地声で発声するよりも高音域の曲を楽に歌い上げることができます。

喉や声帯を傷つけることもなく非常におすすめ。

使いどころを心掛けることで、表現力の幅を広げ、歌唱力の向上につながります。

一日二日でマスターできる技術ではないので、根気よく努力していきましょう。