【体験談】シアーミュージックスクールを選んだ理由・通った感想

筆者はこれまでにオンライン、対面を含めて計6校のボイトレ教室を経験しました。そして娘がシアーミュージックスクールに通いはじめて3カ月になります。

そんな筆者がボイトレ教室を選ぶ際に、経験を踏まえて「なぜシアーミュージックスクールを選んだのか?」と、実際にレッスンを受けてみて良かった点、改善して欲しい点をリアルな体験に基づきお話します!

Contents

シアーミュージックスクールはどんな教室?【3分でわかる】

(圧倒的歌唱力の講師陣。相性のよい講師を自由に選べる点が魅力です)

シアーミュージックスクールは、全国に95の校舎を展開するボイトレ教室です。

初心者からプロまで、さまざまなレベルの人が通っています。

カリキュラムは個人に合わせて自由に組まれ、講師も予約の都度選べる融通の利くスクールです。

また、ボイトレコースの他にギターやピアノなどの楽器系コースもあり、弾き語りをしたい方などは楽器とボイトレを同時受講できるなど、他の教室にはない特徴もあります。

入会金やレッスン料金などは以下の通り。

入会金 2,200円
料金(税込) ・月2回:11,000円

・月3回:14,850円

・月4回:17,600円

レッスンスタイル マンツーマンのみ
無料体験レッスン あり

教室の詳しい説明は以下の記事をご参照ください。

関連記事

全国に校舎を展開するボイトレ教室のシアーミュージックスクール。広告をよく見かけるので、気になっている方も多いでしょう。 この記事では「体験レッスンに行ってみたいけど、他の教室と迷っている」という方のために、スクールの概要や他の教室との[…]

筆者がシアーミュージックスクールを選んだ9つの理由

現在、筆者のむすめがシアーミュージックスクール(以下、シアー)でお世話になっています。

私自身のこれまでのボイトレ受講経験をふまえ、数あるボイトレ教室の中からシアーを選んだ理由をお伝えします!

【1】ジュニアボーカルコースがある

そもそも、ボイトレって何歳から受講が可能か明記されていない教室が意外に多かったです。わたしの娘は11歳なので、まずボーカルレッスンを受けられるかどうか不安があり、ジュニアボーカルコースが設けられている時点で候補に上がりました。

関連記事

「歌の最後まで息が続かない」 「カラオケですぐ声がかれる」 「もっと歌がうまくなりたい」 など、お悩みの方におすすめなのがボイトレ(ボイストレーニング)教室。 とはいえ、ボイトレ教室と一口に言っても、あらゆる指導法や[…]

【2】アクセスのよい場所に教室がある

筆者の場合、子どもを教室まで送迎するのにアクセスの良さは重要なポイントでした。

シアーの校舎は全国で95校もあり、わたしの自宅からも電車で15分圏内にいくつか教室があり、駅から徒歩で行けるのもありがたいです。

【3】レッスン料金が他校に比べて安い

最初の料金表を見ていただくと、月4回で17,600円(税込)の場合、1レッスンあたりの料金が4,400円です。

マンツーマンのボイトレの1レッスンの相場が約4,000〜6,000円のため、業界でも最安値に相当します。

関連記事

ボイトレ教室の費用を比較する際は、入会金と月謝の2つを見ることになります。 この記事では大手ボイトレスクール9校の費用を比較していますが 先に相場をお伝えすると... 入会金は11,000円前後だが、無料キャンペーンや[…]

【4】1レッスンの時間設定がちょうど良い

筆者自身の経験からボイトレが1時間続くと集中力が続かないと感じたため、45分の時間設定はちょうど良いと感じました。

【5】レッスン料金体系がわかりやすい

ボイトレ教室の場合はコースごとに料金体系に違いがあったり、追加で必要な費用もあったりと複雑な場合が多いです。

シアーの場合、ボイトレ系でもいくつかのコースに分かれていますが、どのコースでも料金体系が一律なので分かりやすく、教材費などの追加徴収もなく安心して受講できます。

【6】ボイトレとボーカルレッスンが同時に学べる

ボイトレといっても、ボイトレに特化したレッスンとボーカルレッスンとに分かれている教室があります。

筆者の場合は総合的に歌唱力を伸ばしたかったので、ボイトレとボーカルレッスンが組み合わされたレッスン方式が、教室選びの大きなポイントでした。

【7】マンツーマンレッスンにこだわっている

ボイトレの場合、人によって歌いグセや改善点がそれぞれ違うので、グループレッスンよりもマンツーマンレッスンの方が上達が早いと感じます。

シアーの理念として、マンツーマンレッスンのみにこだわっているところに、共感を覚えました。

【8】講師を自由に選択できる

ボイトレの上達のコツは自分と相性のよい講師を選ぶことです。

シアーでは予約のたびに講師を自由に選択できます。最初は試しに複数の講師からレッスンを受けてみて、相性の良い先生を2人くらいに絞って受講するのもおすすめです。

【9】無料体験レッスンが分かりやすかった

何よりまずはレッスンを受けてみないとわからないので、無料体験レッスンを申し込みました。

もちろん親のわたしも一緒に入室してレッスン内容を見せていただいたのですが、指摘が的確で、分かりやすかったのがシアーを選んだ大きなポイントです。

関連記事

ボイトレ教室に通う前に、必ず無料体験を利用しましょう。入会後のギャップを少なくするためです。 自分と相性の良い教室が見つかると、入会後もモチベーションが持続し効率良く歌唱力を上げられます。 この記事では、教室選びのための無料体験[…]

シアーミュージックスクールに実際に通ってみてよかった8つのポイント

筆者の場合は、娘がまだ小学生だという事もあり受付の方のご厚意でレッスン風景を見学させてもらっています。

通いはじめてから約3カ月が経過し、これまでのレッスンを通してよかったポイントをお伝えします。

【1】各レベルに合わせてカリキュラムを組んでくれる

個人のレベルややりたい事に合わせて、講師が自由にカリキュラムを組んでくれます。

そのおかげで、マイペースなうちの娘でも、3カ月が経過し徐々に声の使い方や表現力がしっかりしてきたのが実感できています。

何よりもレベルに合わせて指導してくれるので、楽しく学べてモチベーションが持続するのが、継続していくうえで大切なポイントです。

【2】総合的に歌唱力を上げられる

レッスンは講師によって内容が異なりますが、ざっくりと以下の時間配分と内容で進みます。

  1. 簡単なストレッチと呼吸法の練習:10分
  2. ピアノに合わせて発声練習:20分
  3. 歌に合わせてボーカルトレーニング:15分

このようにボイトレで学んだ内容を実際の歌の中で応用しながら確認し、出来ていない点を洗い出して修正していきます。そうすることで、総合的に歌唱力をアップさせられます。

【3】生徒ごとにカルテを作り講師が代わっても共有してくれる

自由に講師を選べる点はメリットでもありますが、複数の講師から受講する場合、前回習った内容が反映されるかどうか不安はありました。

今現在、実際に2人の講師からレッスンを受けていますが、生徒ごとにカルテが作成され、講師がレッスン内容を記録してくれています。

次に違う講師からレッスンを受ける場合でもそのカルテをもとにレッスンが進むので、講師が変わることに対する不安は払拭されました。

【4】オンラインで手軽に予約・キャンセルできる

教室によってはレッスン日が固定だったり、レッスン終了時に次のレッスンを予約しなければならない場合もあります。

シアーシステムでは毎月20日に、次月のレッスンを予約できます。都合が悪くなった場合でも、前日17時まではWEB上でキャンセルが可能です。

【5】好きな曲を持ち込んで練習させてくれる

練習曲としては、その時に自分が歌いたい曲を持ち込めます。カラオケ音源にある曲なら教室で音源が用意できるので、自分でわざわざカラオケ音源を用意する必要はありません。

シアーは教材にのっとってレッスンを進めるシステムではないため、自分の歌いたいジャンルや曲を自由に選べるのも魅力です。

【6】受付の方や講師の感じがよい

体験レッスンの後は、受付の方からシステムや料金についての説明を受けます。説明がとても分かりやすく、無理な勧誘もなく対応も丁寧で良い印象を受けました。

講師についても、どの方も笑顔で丁寧に教えてくれるので、緊張しやすい娘も萎縮することもなく楽しく通えています。

【7】感染対策しながら対面のようなレッスンが受けられる

感染対策としてオンラインレッスンをしている教室の多いですが、シアーの場合は2ブースに生徒と講師が分かれて入り、モニター越しにレッスンを受けます。

有線なので音にタイムラグもなく、まるで対面のようにレッスンを受けられ、オンラインよりもしっかり受講できます。

【8】どの校舎でもレッスンが受けられる

シアーは全国どの校舎でも受講が可能です。

まだ1つの校舎でしかレッスンを受けたことがありませんが、送迎ができない時などは自宅から近い校舎にも行ってみようと考えています。

お仕事をされている方なら、仕事帰りに職場から近い校舎に通い、休みの日に自宅に近い校舎へ通うなど使い分けができて便利ですね。

シアーミュージックスクールに改善を期待するポイント

ここまではシアーの良い点だけをお話ししましたが、もちろん実際に通ってはじめて気づいた改善を期待するポイントもあります。

通路や待合室、ブースが狭い

これは校舎によっても大きく差があるようです。シアーは校舎の多さから雑居ビルに教室を構えることも多く、ブースに続く廊下は人同士がすれ違えないほどの狭さです。

ブースについても1人で入るのがやっとの大きさなので、大柄の男性などにはやや厳しいかもしれません。

ブースによって設備に差がある

ブースによって、オーディオ機器に違いがあります。音源を流す際に問題ない場合もあれば、レッスン中に音の途切れが発生した時もありました。

音の途切れはその後改善されましたが、ブースによって設備が違うこともあります。

音漏れが激しい

ブースの扉は音楽スタジオのように二重にはなっていません。

ですので、他のブースでボイトレをしている生徒さんの声もある程度漏れ聞こえてきます。

シアーミュージックスクールをおすすめできるのはこんな人

シアーをおすすめできるのは、以下のような人です。

レベルに合わせ臨機応変にレッスンして欲しい人

シアーは基本的に固定のカリキュラムがなく、講師によって指導法も若干違います。

マンツーマンレッスンにこだわり、個々のレベルに合わせて指導することで上達が早くなるのがメリットです。

自分のペースに合わせ、臨機応変に対応してくれるレッスン形式を求める方には最適です。

複数の講師からレッスンを受けてみたい人

繰り返しになりますが、ボイトレで早く上達する秘訣は自分と相性の良い講師からレッスンを受けることです。

最初は複数の講師からレッスンを受けてみて、自分に合う講師を見つけたい方に

おすすめです。

また、中には3人の先生からレッスンを受けている生徒さんのおられます。異なる指導法をいくつか体験してみたい方にもおすすめです。

忙しい合間にレッスンを受けたい人

シアーの予約は毎月20日に次月1カ月分の予約を取るシステムです。

お仕事や学業、家庭の都合で毎回決まった時間にレッスンを受けられない方でも継続して通えます。

シアーミュージックスクールをおすすめできないのはこんな人

逆に、シアーをおすすめできない人は以下のような人です。

決められたカリキュラムの通りにレッスンを受けたい人

教室ごとにしっかりカリキュラムや教材が組まれているスクールで学びたい方もいらっしゃるでしょう。

シアーの場合は、指導法・カリキュラムが各講師に委ねられているためこのような方には不向きです。

指定の教材などを使ってレッスンしたい人

シアーでは指定の教材は使わず、自分で歌いたい曲を自由に選んで持ち込みます。

ですので、指定の教材に沿って規則的に学びたい方にも不向きでしょう。

ボイトレ中の声を他の人に聞かれるのが嫌な人

前述の「改善を期待するポイント」の項でもお伝えしましたが、防音対策が音楽スタジオほど完璧ではありません。自分の声も他のブースに若干漏れ聞こえてしまいます。(レッスンの妨げになるほどではありません)

「ボイトレ中の声や歌を講師以外に聞かれるのが恥ずかしい、嫌だ」という方には、あまりおすすめしません。

まとめ

シアーミュージックスクールは臨機応変や予約システムと、個々のレベルに合わせて対応できる柔軟なレッスンが受けられるのが特徴。

レッスンはマンツーマンにこだわっており、レッスンの効果も見えやすいです。

無料体験レッスンで無理に勧誘されるようなことはないので、気になっている方は気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか?