ボイトレ初心者が最初に陥る3つの課題とNG練習方法

「下手と思われていないかな?」

「ボイストレーニングをはじめたけど、このままでいいのか不安」

この記事を読んでいるあなたは悩んでいるのではないでしょうか?

ボイトレをはじめたのはいいけど、このまま続けていけば本当にうまくなるのかな…と不安になることもありますよね。

ボイトレ教室の先生や、グループレッスンであれば下手と思われていないか、不安になるのは当然です。

今回はそんなボイトレ初心者の方に向けて、ボイトレが何なのか詳しく解説していきます!

そもそもボイトレの目的は?

「ボイストレーニング」とは、「ボイス」と「トレーニング」という単語から成り立っています。直訳すると「歌の練習」と訳すことができ、正しい声の使い方を身につけるための練習といえます。それでは、歌の練習といってもどういう人がボイトレをはじめるのでしょうか。2つに分けて解説していきます!

歌唱力U P

ボイトレに通う人の目的は「歌が上手くなりたい」という人が多いですよね。

歌が上手く歌えるようになるには、基礎を身につける必要があるので、ボイトレに通うことは効率的です。歌に限らず、誰に学ぶかで成長スピードは変わってくるので、ボイトレ教室、講師の選び方は重要と言えるでしょう。

声の魅力を引き出す

筆者が通っていたボイトレ教室には、歌唱力アップの他に、「司会者」「俳優」「声優」をされている方や、志望者の方がいました。ボイトレをする人に共通しているのは、声を使うということです。話していても、明るい印象を受けたり、暗い印象を受けることがありますよね。声の声色一つで相手に与える印象が変わってくるので、ボイトレは声の魅力を引き出すトレーニングといえます。

ボイトレ初心者が陥る最初の課題3つ

ボイトレをはじめたのはいいけど、つまずいてしまって、ボイトレが億劫になってしまうことがあるかもしれません。ボイトレ初心者は真っ白な状態で、何色にでも染まれる状態。せっかくはじめたボイトレが、自分に合わなかった場合、続けるのは困難ですよね。例えば、初心者にも関わらず、自身のレベルよりも高い教室だったら、不安になるのは当然です。

この章では、ボイトレ初心者が陥りやすい最初の課題について、解説いたします。

何をしていいかわからない

独学でボイトレを始めた人は、何から始めていいのかわからない人が多いでしょう。

ボイトレだけでもたくさんの情報が溢れているので、わからなくなるのは当然です。

独学で学ぶメリットは、自分で試行錯誤するため、課題を自分で見つけることができます。明確に治したいポイントを掘り当ててから、ボイトレ教室に通っても遅くはないので、まずは自身で向き合ってみるのがいいかもしれません。情報が溢れている時代だからこそ、ひとつずつ試してみましょう。

関連記事

「ボイトレって何をするの?」 「ボイトレに通う前に、ある程度本で学びたい」 ボイトレに行くまでの勇気はないけど、ボイトレって何をするのか気になっている… そんな方はボイトレ本を読んでみるとイメー[…]

本当に上手くなるのか不安

ボイトレをはじめてみて、これで本当に上手くなるのか、不安になることはありますよね。ボイトレは地道なトレーニングが多いため、挫折してしまうことは珍しくありません。

挫折経験がある人は、期限を決めて練習をするなど「ここまではやる」と決めて習得するクセをつけると続けやすいです。一度ボイトレすると決めたら、トレーナーを信頼して、トレーナーが持っているスキルをすべて身につけると考えると、不安よりも成長に目を向けることができます。

音痴だと思われたくない

ボイトレ初心者は「音痴だと思われたくない」と、人にどう思われているかを考えてしまいがちですよね。せっかく音痴を改善しようとボイトレをはじめたのはいいものの、音痴を気にしていては、トレーニングに集中できません。多くのボイトレでは基礎トレーニングの後に練習曲を歌う流れになるので、今現在の状態からどう脱却するかに集中して、スキルアップを目指しましょう。

miku
一歩踏み出したのだから、周りを気にする必要はありません。
関連記事

「音痴で悩んでいる」 「音痴を治したいけど、どうしていいかわからない」 飲み会の席などで、人前で歌うシーンが来るたび、憂鬱な気分になりますよね。 「歌は好きなのに、うまく歌えない…」そんな方もいると思います。 今回は[…]

やってはいけないN G練習方法

独学で練習する場合は、たくさんある情報の中から、トレーニング方法を探して、試してみますよね。ボイトレ初心者がやってはいけないN G練習方法をまとめましたので、参考にしてみてください。

声が枯れるまで練習する

ボイトレ初心者に多いのが、喉が開いていない状態で、喉を酷使して歌い続けてしまうことです。中には喉が強くなると考える方がいるかもしれませんが、筆者の経験を踏まえると、ステージで長時間歌い続けたい人は、声が枯れない発声を身につける必要があります。正しい発声を身につけるまでは、声が枯れてしまうまでの練習が控えた方がいいでしょう。

録音しない

客観的に自分の歌を判断するには、録音は必須です。

ボイトレをはじめる前とボイトレを重ねた後で聴き比べてみると、どれくらい成長したのかを確認することができるので、客観的な視点で歌を聴くことを習慣にしましょう。

声が出せない場所ばかりの練習

家での練習で、小さい声ばかり出して練習していると、歌い方のクセがついてしまう場合があります。定期的にスタジオを借りるか、カラオケで練習するなど、充分に声が出せる環境を見つけておくといいでしょう。

ボイトレ初心者が気をつけること

ボイトレ初心者はわからないことばかりなので、どの情報を信じていいのか不安になることがありますよね。誰かが正解を教えてくれるわけではないので、自分で判断していかなくてはいけません。ボイトレには相性もあるので、自分には合っていなかったとしても、他の誰かには合っている場合もあります。時間を無駄にしてしまわないためにも、ボイトレ初心者が気をつけることをご紹介いたします。

目的に合ったトレーニング方法を探す

ボイストレーニングに通う目的は、プロの歌手になりたい人から、司会業など仕事に役立てたい方までさまざまな目的があります。目的によって身につけるスキル、伸ばすべきスキルが変わってくるので、トレーニング方法も変わっていきます。例えば、プロの歌手になりたいのであれば、歌唱力を磨くのに加えて、見せ方もトレーニングする必要があります。目的を明確にし、どういったトレーニングが必要なのか、ある程度わかるようにしておくといいでしょう。

理想を明確にする

「楽しいからボイトレに通っている」という人もなかには存在します。楽しく続けられていれば、少なからず成長はしているはずですが、理想とする声があった場合、遠回りになってしまう場合があります。理想と自分の声がかけ離れている場合は、理想を目指すより、自分の声の魅力に気づき、そこを伸ばしていった方がいいパターンもあります。

ボイトレ初心者にとって、理想を明確にしておくことは、最短距離で理想の声を手に入れる方法といえるでしょう。

お金と時間の確保

ボイトレ初心者で陥りやすい課題として、金銭的に月謝を払うのが厳しくなったり、忙しくなり、時間の確保ができなくなり、ボイトレを辞めてしまうことがあることです。

必ずしも悪いということではないですが、途中で辞めてしまうと、何も得られないままお金だけ払ってしまったことになります。ある程度の期間を確保し、最低でも1年は続けるつもりで、ボイトレを受けていると、1年後には自分の成長に気づくことになるでしょう。

まとめ

今回はボイトレ初心者の方に向けて、お話していきました。
ボイトレ初心者の方が陥りやすい課題や、気をつけるべきことを中心にご紹介いたしましが、最初のうちは不安になるのも当然です。ボイトレをはじめる前の歌と、ボイトレを積んだあとの歌を聴き比べて、見逃しやすい成長を確認できると、続けやすいので、是非諦めずに試してみてください!