エッジボイスとは?意味・効果・注意点をご紹介

ボイストレーニングについて調べていると、エッジボイスという言葉を見かけるのではないでしょうか。エッジボイスは声帯を閉じた状態で発声して、ガラガラとした音を出す発声法で、ボーカルフライとも呼ばれます。発声練習の基礎として頻繁に使用され、高音が出しやすくなったり、声帯のリラックス効果につなげたりとさまざまなメリットを期待できます。また、表現力をより豊かにするため、歌唱技術の1つとしても使用されることもあります。

本記事ではエッジボイスについて紹介します。

エッジボイスとは

エッジボイスはどんな声?

エッジボイスは声帯閉鎖を意識した発声をすることで、「ア”ア”ア”ア”ア”ア”」とブツブツとした音を喉から出すことができます。映画「呪怨」の声がまさにエッジボイスにあたるので想像してください。

比較的簡単な発声方法なので、出し方さえ理解できればすぐにマスターすることができます。声帯の閉鎖を意識して練習するので、繰り返し練習すると徐々に閉鎖筋が鍛えられます。

そのため、息のコントロール、声帯のリラックス、高音のコントロールなどさまざまな場面に役立つので、ボイストレーニングに頻繁に登場します。

とはいえ、無理に出そうとするとかえって声帯を傷める発声になりかねないので、十分に注意して力まないように気を付けてください。

エッジボイスを扱う歌手

エッジボイスを活用して歌唱テクニックに用いるアーティストは男女問わずたくさんいます。例えば平井堅さん、ONE OK ROCKのTAKAさん、宇多田ヒカルさん、サザンオールスターズの桑田佳祐さんなどを始めさまざまなアーティストが使用するテクニックです。

平井堅 解説

ONE OK ROCK

宇多田ヒカル

YU

比較的耳にしやすいタイミングは…

1.フレーズの冒頭

2.バラードの曲調

3.低音から高音に持ち上げるとき

エッジボイスを使う効果

前述で軽く説明した通り、エッジボイスを用いてボイストレーニングを行うと多くのメリットが存在します。そこで、エッジボイスを行うことで得られることをいくつか紹介します。

声帯閉鎖を鍛えられる

声帯閉鎖を利用した発声練習なので、言わずもがな声帯閉鎖を鍛えることができます。すると、かすれ声改善にもつながり、芯のある発声方法を身に付くことができるようになります。また、声帯閉鎖を鍛えることで多くのメリットを生み出します。

高音を出すための重要な練習になる

エッジボイスの習得によって、閉鎖筋が鍛えられます。閉鎖筋を鍛えると、次第に伸びのあるクリーンな声を手に入れることができます。また、余計な力を入れずに高音が出しやすくなるので、疲れにくく余裕のある声を出せるようになります。

喚声点を乗り越えやすくなる

声帯閉鎖が十分でないうちは、地声と裏声の切り替え部分、いわゆる喚声点の切り替えに苦労します。喚声点は人それぞれ違うので細かくは言えませんが、声帯をうまく閉じることができると、今まで裏声に切り替えるような高音で裏返っていたようなところでもブレイクせずに力強い声が出せるようになります。また、喚声点付近での発声は、後述のミックスボイスに関しても大切な要素です。喚声点の発声は歌唱力に非常に大きく左右しますので、十分に練習しましょう。

声帯をリラックスできる

エッジボイスを練習することで、声帯をリラックスした状態にすることができます。そのため、ボイストレーニングの最初に行うことも多く、準備運動の一環としても扱われます。また、エッジボイスの習得がリラックスさせた状態で発声することにつながるので、喉を傷める危険性を大きく減らせます。したがって、喉声の改善にも有効ですので、ぜひ試してみてください。

息漏れをなくし、力強い声が出せる

声帯閉鎖が鍛えれられると、息のコントロールがしやすくなります。息漏れがある発声はデメリットが多く、芯のある声を出せません。しかし、十分な閉鎖ができるようになると、無駄に漏れていた息をすべて声に変換することができ、張りのある通った声を出せるようになります。そのため、適切なチェストボイスの発声にも繋がり、いいことづくめです。

歌の表現力が上がる

エッジボイスは歌唱技術としても使用されます。もちろん練習のようにロングトーンで出すわけはありませんが、味付けのようにエッジボイスを組み込んで歌うことで、色っぽさや表現豊かな歌い方を目指すことができます。ただし後述しますが、多用するとくどくなるので注意しましょう。

ミックスボイスを鍛える練習になる

エッジボイスはミックスボイスの発声に必須である声帯閉鎖に必要な筋肉を鍛えることができます。当然、エッジボイスの習得のみでミックスボイスをマスターできるわけではありませんが、ミックスボイス習得に向けた練習にほぼ必ずと言っていいほど取り組まれるボイトレなので、是非怠らずに練習しましょう。

関連記事

ミックスボイス(みっくすぼいす)とは、地声と裏声の中間のような声のことです。ミックスボイスを習得することで、高音の曲でも力強く歌えるようになります。 原曲のキーが高いアーティストは多いので、カラオケによく行く方であればミックスボイスを[…]

エッジボイスは喉を傷めてしまう?

ボイストレーニング中に高い音域の時、ガラガラとした声が出てしまって良くないことかと焦ってしまうことがあります。もちろん基本的にガラガラ声は喉を傷める危険性が多く、喉が疲れていたり、間違った発声をしていたりしているかもしれません。しかし、必ずしもすぐ治さないといけないわけではないガラガラ声もあります。

ガラガラ声の種類による

もちろんガラガラ声といってもいくつも種類があります。当然、力みが入ったガラガラ声などは要注意です。後々喉を傷める危険もありますので、今すぐ発声を見直す必要があります。ただし、ミックスボイスなどの発声練習中に喚声点付近で起きるのであれば、悪いガラガラ声ではない可能性もあります。声帯閉鎖が少しづつ身についてきて、少しまだ力が足りないせいでガラガラ声になってしまっている可能性があります。そのため、必ずしもガラガラ声が悪い状態とは限らないので、見極めるようにしましょう。

さらなる練習で完全なミックスボイスを習得できる

エッジボイスは声帯閉鎖に必要な筋肉を鍛えることができます。反復練習によって声帯を閉じる感覚がしっかりと身に付けば、ミックスボイスの発声感覚も同時に身に付くきっかけになります。ミックスボイスは高音を出すためのテクニックで、すぐにできる代物ではありません。しかし、エッジボイスを通じて閉鎖筋を鍛えることで、ミックスボイスの習得に向けて大きく前進することができます。

エッジボイスは狙って使用する技術

エッジボイスは大まかなイメージとして、しゃくりと同様に低音から高音に持ち上げるテクニックです。そのため、多用するとかえって曲の雰囲気を損ねてしまうので禁物です。また、フレーズ冒頭に使用されることが多いので、しっかりと使用するタイミングを見極めて適切なタイミングを心掛けましょう。

YU
歌唱技術にしたいのであれば、深めのしゃくりだと思って使用しましょう。

まとめ

エッジボイスは声帯閉鎖を行うことで、ブツブツとした音を出す発声方法です。

声帯をリラックスさせる準備運動や発声練習、歌唱技術向上につながる筋トレ、さらには歌唱テクニックの1つとしても扱うことができる万能な発声方法です。

エッジボイスの習得が歌唱力向上の大きな一歩になるので、決して軽視しないようにしましょう。

関連記事

エッジボイスは声帯を閉鎖させることでブツブツとした音を出す発声方法です。エッジボイスを習得するとさまざまなメリットがありますが、まずはそもそも上手く発声できなければなりません。そのため、エッジボイスの出し方を習得するために声帯を閉鎖させる感[…]