ボイトレの先生の選び方

「ボイトレを始めたのはいいけど、この先生と相性良くないかも…」

「ボイトレを続けているけど、上達している気がしないな…」

と悩んでいませんか?

ボイトレ初心者の人にとって、ボイトレの先生が自分と合っているかは、なかなか判断しづらいですよね。

ボイトレ続けていく中で、いろんなトレーナーに教わり、やっと自分に合った先生に巡り合えます。

著者自身も、ボイトレスクール、音楽塾、音楽大学とさまざまな講師に教わりましたが、指導法はそれぞれ全く違いました。

でも、できるのであれば、はじめから自分に合った先生に教わりたいですよね。

トレーナーにもいろんなタイプがいるので、今回はボイトレの先生の選び方についてご紹介していきます!

どういう人が講師なの?講師をタイプ別にご紹介!

ボイストレーニングに種類があるように、講師によって何を重要視しているのかは違います。講師だからといって、全ての知識があるわけではないので、誰に教わるかは重要なポイントです。ここではどんな人が講師をしているのかご紹介していきます!

元シンガー

元シンガーという経歴の講師は多いです。実績のある講師は信頼できますよね。

実際ボイトレスクールなどに行くと、講師のプロフィールが公開されていることがほとんどなので、話を聞いてみるといいでしょう。ボイトレはもちろん、今後の進路を考える時など、経験を積んでいる講師であれば、いろんな情報を教えてくれます。方向性が決まっているのであれば、先に経験を積んでいる講師を選ぶといいでしょう。

現役シンガー

本業がボーカル、副業でボイトレ講師をしているという人もいます。

シンガーだけで生計を立てるのは難しいので、講師もしているという人は多いです。専門学校や音大卒業後、ライブハウスで歌いながら、講師をしている人も多くいました。実際歌い続けている講師なので、パフォーマンス面でアドバイスをもらえるといういい面もあります。

講師志望

全体的にみると少ないパターンですが「歌のスキルを極めたい」という一流のボイストレーナーを目指す講師がいます。元から講師志望なので、海外でボイトレを学んでいたり、本格的なボイトレを得意としています。表面的なスキルではなく、発声から変えていくため、時間はかかりますが、身につけられるとスキル向上に繋がります。

良いボイストレーナーの特徴

良いボイストレーナーは、人によってそれぞれ違います。

どんな歌を歌えるようになりたいのかによって、何を身につければ良いのか変わってきます。身につけたいスキルを持っている講師、教えられる講師を探さなくてはいけません。

とはいえ、数回のレッスンで生徒側が判断するのは難しいですよね。ここでは、良いボイストレーナーの特徴を紹介していきます!

知識がある

聞いたことに対して、答えてくれる講師だと信頼できますよね。ボイトレは歌って身につけていくスキルなので、知識を重要視していない講師がいますが、論理的に理解していると、再現率が高いので、ボイトレを続けていくなら、知識も一緒に理解しておいた方がいいでしょう。

指導が的確

講師のアドバイス一つで出せなかった声が出せるようになることがあります。

自分ではわからなかった感覚を教えてもらえるのが、ボイトレの良いところ。こういった講師に出会えると上達が早いです。講師歴が長い人に多いですが、一度のボイトレでも心地いい感覚を知ることができるので、探し続けるといいでしょう。

やる気を出させてくれる

ボイトレを続けているとやる気が出ないときや、練習が億劫になるときもありますよね。

そんなときに歌の楽しさを教えてくれる講師だと、また練習がしたくなります。1人では心が折れてしまいそうなときに、背中を押してくれる講師がいると心強いはず。怠けてしまいやすい人は、スパルタ指導の講師が合っているかもしれません。

よくないボイストレーナーの特徴

ボイトレをするのであれば、いい講師から指導を受けたいですよね。

講師の中には良くない講師も存在します。相性が良くない場合もありますが、生徒に合わせられない講師は良い講師とはいえません。中には講師の知識不足にも関わらず、立場を守るために指摘してくる講師もいます。ここではよくないボイストレーナーの特徴をご紹介します!

知識が浅い

質問に対して、答えを持っていない講師は要注意です。1人ではわからないところを教えてもらうために、ボイトレに通っているので、その場合は講師を変えることを視野に入れてみてもいいでしょう。講師はなんでも知っているわけではないので、次回の練習時に回答してくれるようであれば、いい講師です。生徒側は知識を得ることも大事ですが、練習も怠らないように注意しましょう。

マニュアル通りのこのとしか教えてくれない

ボイトレスクールにはマニュアルが存在するので、基本はマニュアル通りの練習です。自身のスキルがアップしてきたら、物足りなく感じる人がいるので、そのタイミングで講師を変えるといいです。基礎練習は基本的にはどこも同じなので、より極めたいスキルが定まってきた段階で検討するといいでしょう。

自身の実績を公開していない

個人で教えているスクールでは講師の実績を公開していない人がいます。講師は指導できればいいので、必ず実績が必要なわけではありません。ですが、生徒側が聞いたときに答えてくれない場合は要注意です。講師自身が独学だと、変なクセがついていたり、指導方法に確証が持てません。プロフィールが公開されていなければ、聞いてみることをおすすめします。

ボイトレの先生を選ぶポイント

いい先生と出会うにはいろんな先生のレッスンを受けるしかありません。

ボイトレ初心者の人にとっては何を基準にしていいか、迷ってしまいますよね。今回は講師を選ぶポイントをまとめたので、ご紹介します!

できれば同性

同性の講師の良い点は、実際に同じキーで見本を見せてもらえるところ。異性であれば、キーが違うので、真似するのが少し難しいです。はじめのうちは同性の講師を選ぶと、練習がスムーズでしょう。どうしても教わりたい異性の講師がいる場合を除いて、同性の講師を選ぶと良いでしょう。

目的に合った指導をしてくれるか

はじめに講師とどういう歌を歌えるようになりたいのか擦り合わせておくといいです。

発声方法からトレーニングすると、今までのクセを治すのに時間がかかるので、途中で挫折してしまう原因になります。そうならないためにも、どこに向かっているのか明確にしておくと、練習を続けられるでしょう。

理論派か感覚派か

講師のタイプで大きく2つに分けると、「理論派」と「感覚派」に分かれます。理論派の講師は知識を得ることができますが、実際に声が出せるかどうかはまた別です。理論的に理解した方がやりやすいタイプの人には合っているでしょう。感覚派の講師は体験で指導するので、直感的に学びたい人には合っています。どちらも兼ね備えている講師もいるので、そういった講師だと合わせてくれるでしょう。

まとめ

今回はボイトレの先生の選び方についてご紹介してきました。

ボイトレに限らず、講師はいろんなタイプの人がいるので、はじめのうちは何人かの講師に指導を受けてみると、違いが分かりやすいです。

講師も試行錯誤している人がほとんどなので、何に不安を抱えているのか、正直に打ち明けると解決するケースもあります。

今の講師が合っていないだけで、ボイトレを辞めてしまうのはもったいないですよね。

自分に合った講師に巡り合えるまで、根気強く探し続けてみてください!