CATEGORY

呼吸・発声・発音

ビブラートの出し方|できない原因とは?

「ビブラートができているのか不安…」 「ビブラートが上達している気がしない…」 と悩んでいませんか? ボイトレを始めて基礎が身についたら、表現の幅を広げるために、ビブラートの練習をはじめる人は多いですよね。 ビブラートは必ずしも必要なスキルではないですが、身につけると表現の幅が広がり、聴いている人も心地いいです。 コツを掴むまでは、難しいかもしれませんが、一度ビブラートができるようになると、ビブラ […]

声が通らない場合の改善方法!5つのトレーニングをご紹介

「どうして声が通らないんだろう…」 「響く声を出すにはそうしたらいいんだろう…」 話していても声がこもりやすい人はいますよね。 周りの雑音に声がかき消されてしまって、聞き返されてしまった経験があるのでは? 歌でも同じことで、声が通らない人には通らない原因があります。声が響いていないと、聴いている人にとって心地いい声とはいえません。歌の場合はバンドやカラオケ伴奏に、歌がかき消されてしまうので、自分は […]

音域を広げるには?コツや練習方法をご紹介

歌える音域を広げてもっと多くの曲を歌いこなせるようになりたいという方はたくさんいると思います。 音域が広がると、今までより高音や低音を出せるようになり、レパートリーを増やすことができます。 また、余裕を持った歌声が手に入り、楽に気持ちよく聴かせられます。 ボイストレーニングをする多くの方の目標は、この「音域を広げる」に当てはまると思います。 しかし、歌の練習をただひたすらこなしているだけでは、音域 […]

タングトリルとは?練習方法をご紹介

タングトリルとは、発声練習の1つです。前歯の裏側にある軟口蓋に舌を当てて、息を当てて舌全体を震わせます。 YU 簡単に言えば、タングトリルは巻き舌のことです。 とても簡単な発声練習で、毎日継続することで効果もきちんと得られます。 コツさえつかめばすぐに取り組めるものなので、ぜひ習得して毎日トレーニングを行うようにしましょう。 タングトリルをするメリット タングトリルを行うと、様々な効果に期待できま […]

エッジボイスとは?意味・効果・注意点をご紹介

ボイストレーニングについて調べていると、エッジボイスという言葉を見かけるのではないでしょうか。エッジボイスは声帯を閉じた状態で発声して、ガラガラとした音を出す発声法で、ボーカルフライとも呼ばれます。発声練習の基礎として頻繁に使用され、高音が出しやすくなったり、声帯のリラックス効果につなげたりとさまざまなメリットを期待できます。また、表現力をより豊かにするため、歌唱技術の1つとしても使用されることも […]

エッジボイスの出し方・コツ・出せない原因を解説

エッジボイスは声帯を閉鎖させることでブツブツとした音を出す発声方法です。エッジボイスを習得するとさまざまなメリットがありますが、まずはそもそも上手く発声できなければなりません。そのため、エッジボイスの出し方を習得するために声帯を閉鎖させる感覚を覚える必要があります。さほど難しい発声方法ではありませんが、コツをつかむまでは上手くできないと思います。 そこで、今回はエッジボイスの出し方について紹介しま […]

高音の出し方!高音がでない原因と対策を元バンドマンが解説

歌が上手くなりたいけど、高音が上手く出せないという方にはいくつか理由があります。 特に対策もせずにそのまま歌い続けていても、高音は出せるようになりません。 この記事では、高音を出せない原因と、高音を出すためにするべきことをご紹介します。 高音を出せない理由・原因 高音を出せない原因を整理していきましょう。 声がかすれる カラオケやスタジオで歌っているとすぐに声が枯れてしまう…という方は正しい歌い方 […]

腹式呼吸で歌うには?やり方・練習方法・コツをご紹介

腹式呼吸を身につけると、安定感のある歌い方ができるようになります。 この記事では、歌いながら腹式呼吸をする意味や、歌の最中に無理なく腹式呼吸をする方法をご紹介します。 YU 歌いながら腹式呼吸をする方法を3STEPSでご紹介します。慣れていない方も腹式呼吸に慣れていただけるような構成を心がけました。   腹式呼吸のやり方を身につけて歌うメリット 腹式呼吸で歌うメリットを4つ紹介します。 […]

歌唱力を上げるための呼吸法3つ|腹式呼吸が鉄則は間違いなのか?

歌が上手くなるためには、声を出す以前に適切な息の使い方を知らなければなりません。 適切な呼吸法を用いて息をコントロールすることが、音程・声量・リズムの向上など歌の上達へつながっていきます。 今回は、腹式呼吸やその他の呼吸法について紹介し、どのように使い分けたらいいのかを解説します。 YU 腹式呼吸が絶対ではありません。各呼吸の特徴を理解することで、表現力の幅が広がります。 腹式呼吸が鉄則は間違い? […]